流山アストロズ卓球クラブは2016年の昨年、クラブ創設25周年を迎え、また、全日本クラブ選手権1部準優勝の成績を収めることができました。これもひとえに、クラブ会員、保護者、OBOG、そしてクラブを支えてくださっています皆様のお蔭と心から感謝申し上げます。
 流山アストロズは、1991年に小さな卓球サークルとしてスタートしました。その後、徐々に会員が増え、幅広い世代の卓球愛好者が集まるクラブとして活動をするようになり、2004年にNPO法人化をして現在に至っています。
 この間、いろいろと試行錯誤の繰り返しではありましたが、一貫して変わらないのは、楽しく、そして、みんなでクラブをつくっていることだと思います。クラブスタッフやエンジョイ会員の中には、自分の子どもが大きくなってアストロズを離れても、協力を続けてくれたり、ご自身が卓球を楽しみながら続けている方が数多くいます。また、ジュニア会員の保護者の方は、お子さんを応援しながら、アストロズの活動にもいろいろ協力をしてくださっています。チャンピオン会員は、大会でがんばるだけでなく様々な場面でクラブを盛り上げたり、運営に携わったりしています。賛助会員のみなさまには、いつもご支援を賜りクラブを支えていただいております。
 さて、さかのぼること15年前の2001年には、クラブ創設10周年とクラブ選手権入賞の記念会を行いました。その時の入賞というのは二つあり、一つは一般2部で3位、もう一つは小・中学生の部での準優勝というものでした。今回の1部での準優勝は、実は、その時の小・中学生の部に出た選手が中心となってチームをつくり、その周りを当時2部で頑張っていた仲間が取り囲み、応援をしたり練習をしたりサポートをしました。また、OBやOGも、これまでこの大会に出場したり、応援したりしてくれた人がたくさんいます。ですから今回の大会成績は、出場した選手のがんばりはもちろんですが、これまでのクラブの年月の積み重ねが実を結んだものと強く感じております。

 今、アストロズでは、かつて小・中学生だった世代が親になって子どもが卓球をしているとか、孫が卓球を始めたという時代になっています。また、OBOGは、時折アストロズに遊びに来てくれたり、アストロズ以外のいろいろな場所や機会でクラブの楽しさの経験を生かして、その輪を広げていることと思います。クラブ創設後四半世紀となりますが、もう一回の四半世紀で50年、3回で100年。その時のことを想像するのは楽しいものです。100年目に向けた新たなスタートである2017年、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
                                            平成29年1月 
                                               森下 正


戻る